title

事例紹介

外資系セキュリティ ソフトウェア ベンダー様

ホワイト ペーパーの翻訳

日本法人立ち上げ準備中のベンダー様です。まだ日本には社長さんしかおりませんが、すでに営業活動は開始しており、営業サポート ツールの日本語化を急いでおられました。

img

社長さんは営業出身の方で、プレゼンテーションはご自分で翻訳され、話の流れに合わせてカスタマイズされていますが、カタログや技術資料など、翻訳しなければならない資料はたくさんあります。しかし、ただでさえ設立準備で忙しいのに、全てを一人で翻訳することなどできません。

外部の翻訳会社へ外注することも考えましたが、過去の経験から、翻訳会社の原稿そのままでは、読んで理解できる日本語にはならないこともわかっていました。IT 業界では、用語の使われ方や訳詞方が独特なものが多く、ITの専門家でない翻訳家が訳すと、不自然でわかりにくい文章になってしまうのです。

かといって、それを直し始めると、自分で翻訳するのと同じくらい手間がかかってしまいます。社長さんは、これを「和文和訳」といっていました。そこで、弊社のサービスをご利用いただいたのです。

ホワイト ペーパーの翻訳でしたが、当時脚光を浴び始めていた仮想化への対応について書かれていました。しかし、英文には「仮想化とは何か」について触れられていませんでした。当時は日本では仮想化への理解はまだ浸透しておらず、弊社では、このままでは読み手によっては十分な理解が得られないのではないかと考え、仮想化についての簡単な解説を追加してセールス ツールとして仕上げました。

社長さんのチェック工数も、普通に翻訳を外注するよりも大幅に削減できたとのことです。

外資系セキュリティ ハードウェア ベンダー様

Web サイト リニューアル

img

こちらのベンダーさんでは、従来、英語サイトのコンテンツの翻訳を翻訳会社に外注し、エンジニアのチェックの後、サイト管理会社に依頼して日本語サイトを運用していました。見た目はUSの本社サイトとまったく同じですが、コンテンツは、技術的には正しいのですが、日本語がこなれておらず、読んでもわかりにくいもので、何が書いてあるか理解しようとすると、英文サイトを合わせて読まなければならないような状況でした。

新しく着任した日本法人の社長さんは、これではいけないと、サイトのリニューアルを計画しました。ポイントは、

  • USサイトの構造にとらわれずに、日本のお客様が見やすく、情報を見つけやすい構造とする
  • コンテンツは製品を理解した人間が日本語で作り直す

というものでした。この方針は全く正しいものです。IT企業のアメリカ本社のサイトは、往々にしてプロダクト アウト的な考え方が強く、サイトの構成も製品中心の考え方になっています。これに対し、日本のお客様は、自分たちの抱える問題をどう解決してもらえるかを知りたがっており、その考え方に基づいたナビゲーションをしなければ、必要な情報にたどり着けません。

また、情報は、伝えるだけでは意味がありません。お客様が内容を理解して初めて、ビジネスに結びつくのです。翻訳した情報をただ単にWebに置いておいても、「伝わった」ことにはなりません。どうすれば、最も効果的・効率的に情報を伝えられるのかを十分に検討しなければなりません。

弊社では、製品説明をすべて一から書き起こし、図表やレイアウトも日本人の好みに合うように作り直し、サイトの構成も見直し、ソリューションの全体像が理解できるようにコンテンツを新たに作成しました。

パートナー様向け営業サポート ツールの作成

US本社では、パートナー様向けの営業支援ツールも大量に用意していますが、似たような内容のものも多く、売り文句も少々強引な印象で、そのまま翻訳しても使いにくい印象でした。弊社では、いくつかの資料やホワイト ペーパーを合体・加筆修正して、パートナー様向けに営業ツールの作成を行いました。

展示会サポート

その他、展示会への出展やプライベート セミナー開催時のメイン テーマ、メッセージ案の作成や、パネル原稿、カタログ原稿の作成などをお手伝いしています。

外資系セキュリティ ハードウェア ベンダー様

プレゼンテーションおよびデータ シートの翻訳

img

こちらも、日本法人設立以前からお付き合いいただいているベンダーさんです。プレゼンテーションは、ワード数は少ないのですが、逆に翻訳は難しいのです。例えばスライド中に「Consolidation」という項目が出てきた場合、単に「統合」と置き換えるだけでは、プレゼンテーションがわからなくなってしまいます。

前後の文脈から、仮想化に関する話であれば、「仮想化によるハードウェアの統合」などとしなければなりません。こういった翻訳(というよりほとんど「創作」です)は、翻訳会社では不可能です。

外資系半導体ベンダー様

コンシューマ向け冊子の作成

img

半導体というと、一部のベンダー以外は、あまりコンシューマ向けのプロモーションを行いませんが、こちらのベンダーさんでは、自社ブランド及び製品の知名度を上げようと、コンシューマ向けのプロモーション冊子の作成を計画していました。しかし、そういった冊子の作成経験が無いため、ワン ストップでサービスを提供してくれるところを探しておられました。

">弊社では、ターゲット設定、冊子の企画・レイアウト、コンテンツの作成・テクニカル ライティングまでを一括で提供しました。

情報機器専門商社様

こちらの商社様では、電子部品からコンピュータ ソフトウェアまで様々な製品を取り扱っておられますが、開発元のサイトには日本語情報が用意されていないことが多く、国内向けのカタログやプレゼンテーション、Web サイトへの掲出用の製品概要の作成をお手伝いしました。

日本企業では、営業担当者様がマーケティング活動を兼務されている場合も多いのですが、どうしても日々の営業活動に時間を取られ、Webサイトの更新などは滞りがちです。また、マーケティングは専門的な知識も必要とする職種ですので、営業担当者様が兼務されるのには自ずと限界があります。>

弊社では、翻訳やカタログ制作等の実務だけでなく、販促に関するノウハウの提供やプロモーション プランの立案など、幅広くコンサルティング サービスをご提供しております。